30〜40代でもカラコンはOK?

30代でカラコンを使うならどんなもの?

10代、20代の女の子がかなり瞳の色が変化するカラコンや着色されている面積が多いカラコンを着けていても『可愛いな〜』と素直に思えますが、それが30を過ぎても付けていると『イタイ人』と思われてしまう可能性があります。

 

メイクだっていつまでも10代メイクをしている人は浮いていますよね?カラコンもアイメイクの一部。

 

カラコンはたくさんの種類が出回っているので、お気に入りのものを見つけたらリピートしたくなる気持ちはわかりますが、20代後半からはそろそろナチュラル系のカラコンにチェンジしたほうが良いかもしれません。

 

おすすめはうっすら黒い輪郭が入った茶系のもの。

 

模様の入っていないダークブラウンのカラコンは真っ黒のカラコンよりも自然な感じで裸眼にすら見えるものもあります。

 

あとは自分の瞳のカーブに合ったものを選ぶこと。

 

これはなかなか自分では気づきにくいですが、ずれるとかなり怖いです(笑)

 

まだ、若いうちならいいかもしれませんがいい大人が頻繁にレンズがずれているのは本当にみっともないです。

 

カラコンは洋服のように試着できないので色々試すにはお金がかかってしまいますが、装着画像や口コミの多いショップを選んでナチュラルカラコンを楽しみましょう!

40代でも使われている!

カラコンは今や多くの人が使用しているアイテムで、その利用層が30代まで広がっているのは先ほど話した通りですが、最近では40代の女性もカラコンを使う人が増えているそうです。

 

アラフォーの女性がカラコンを使用するのであれば、若い女性とはまた違った基準でカラコンを選ぶべきだと思います。

 

40代女性が、よく若い女性が使用するような瞳の色を大きく変えるような種類のものや、瞳がかなり大きくなるようなものを使用していたりすると、人によっては雰囲気と合わずに違和感を覚えることもあります。

 

もし40代くらいの女性がカラコンを使用するなら、カラコンの中でもサークルレンズのような瞳の色は変えずに瞳の大きさを自然に大きくすることができる種類のものを使用するのがいいと思います。

 

サークルレンズは、使用していても瞳が大きくなってはっきりするものの、明らかにカラコンを付けているというような違和感がないので、使用しやすく、仕事をしている人でも問題なく使えると思います。