ナチュラルなカラコンを選ぶときの注意点

瞳の色に合わせることが大事

最近は少し前とは違い、ナチュラルさを推しているカラコンが多く出てきています。

 

カラコン=ギャルといったちょっとケバいという印象は今では全くないですよね!

 

本当に様々なカラコンがある中でも、 ナチュラルが良いからと言って黒を選べばよいというわけではありません!

 

実際に見ると分かりますが、本当に真っ黒で黒目の色としては結構不自然なものが多いです。

 

初心者の場合は特に勘違いしている方が多いのですが、ナチュラルなカラコンというのは自分の瞳の色に合っているものということなんですね。

 

当たり前ですが、海外の方にとってのナチュラルなカラコンはブルーとかになるわけです。

 

だから、自分の瞳の色をしってそれに合ったものを選ばないと不自然になってしまします。

 

そこで、もしも不安ならナチュラルブラウンと呼ばれる黒に近い茶色がオススメです。

 

これはナチュラルにも見えるし、なんといっても女の子感がとても出る!

 

ゆるふわ系にも、カジュアル系にも使えるとても万能なカラコンの色ですね。

 

大体の方の瞳はちょっと茶色っぽかったりするので、少し茶色がかった色の方が自然なことがおおいです。

 

もしも自分の瞳は真っ黒だという方でも、ナチュラルブラウンであればカラコンしていることがバレない程度に自然に柔らかい雰囲気がでるのでおすすめです。

本当にナチュラルにするならトータルコーデが必要

私は、友人と遊びに行く時やショッピングに行く時などにカラコンを愛用していますが、職場では使用していません。

 

それでも使用している色は、いつもブラックかブラウンです。

 

いつも一年仕様のものを購入しており、気分やファッションによってブラックを使用するか、ブラウンを使用するか決めています。

 

ブラックで直径の大きなものは、他の人から見ると少し不自然に見えるようで、ちょっと怖いと言われたことがあります。

 

ブラウンカラーで大きな直径のものを使用している場合は、そのようなことを言われたことがないので、ブラウンの方が自然に見えるのかもしれません。

 

しかし、これは顔や髪色によっても変わってくるかもしれません。

 

カラコンだけを見てナチュラルかどうか、ということではなくて、TPOや服装や髪型といったものを総合的に評価して、その時に自然な目の色になるようにカラコンを選ぶことが大切です。

 

はっきりいって、コスプレなどに使うカラコンであれば、ある程度着色直径が大きくて、派手な色のもの方が自然です。

 

だからこそ、カラコンを単体で自然かどうかを判断するのではなく、使い道やコーディネートを考慮してナチュラルになるようなものを選ぶことがオシャレのためには必要だと思います。