カラコンのデカ目効果は白目とのバランスが大事

みんなの憧れデカ目になったのに・・・

カラコンを着けてみたいと思う人の多くが、自分の目の印象を何かしら変えたい!という願望を持っているものですよね。

 

もちろん私もそうでしたが、私の場合はとにかく目が小さいことがコンプレックスだったのでどうにかして目を大きく見せたいという思いがありました。

 

そのため、メイクについてもいろいろと自分なりに勉強をして頑張っていたつもりだったんですが、やっぱり自然にはならず、ここはカラコンの力も借りて、うまいことナチュラルメイクだけでデカ目できないかと思いついたわけです。

 

そのため、初めて買ったカラコンはデカ目効果を前面に押し出したもので、いわゆる着色直径の大きいものばかりを選んでいていました。

 

最初のうちはすっかり大きな黒目を手に入れて喜んでいたわけですが、しばらくするとどうも周りの反応がイマイチであることに気が付き始めました。

白目とのバランスが大事

初めはデカ目カラコンを付けていると、会った人が私の目を見てくるのがわかったので、「お、これはかなり印象的な目になってるな」と心の中でガッツポーズをしていたのですが、ある日、久々に会った地元の友達に「目、怖いよ」と言われて気が付いたのです。

 

指摘してくれた子もカラコンが好きになって使っていたようなんですが、すごくナチュラルなタイプものものを選んでいました。それに比べて私はいかにも!って感じのものばかりを選んでいたので、明らかにおかしいのがわかったのでしょう。

 

その子の話によると、黒目が大きい方がかわいいと言っても、結局は白目とのバランスが取れていることが大事で、例えば白目の面積が広く見えるタイプの子の場合は、着色直径の大きなカラコンを付けることによって、今まで以上に目が大きく見えるようになるんだとのことでした。

 

つまり、どんな目でも大きく見せてくれるわけではなくて、目全体の大きさに対して白目の面積が大きい、または黒目が小さい過ぎるというアンバランスな状態をカラコンで補正することによって、目全体の大きさに合わせた本来のサイズに見えるようになるということだそうです。

 

その話を聞いてとても納得したとどうじに、その子と一緒に撮った画像を見て、自分の黒目のバランスがかなりおかしいことも明らかでした。

 

もしもこれからデカ目効果のあるカラコンを買ってみたいと思う方は、まずは芸能人やモデルさんなどを参考にどんな目にしたいかを明確にして、その人の目がどのようなバランスになっているか、例えば白目と黒目の比率や目全体の広さに対する黒目の割合などをネット上でだいたい測ってみて(何対何と分かる程度)、そのバランスを自分の目に当てはめて、目指している目のバランスに合わせたデカ目効果が実現できるようにしてみるといいと思います。