カラコンの色の使い分け方

私のカラコンの使い分け

私は結構派手な色のカラコンが好きだったので、濃いめの化粧をする時は、グレーやブルーの派手な色のカラコンをつけていました。

 

特にギャルメイクや派手なメイクが好きな方は派手な色のカラコンを使ったらよりメイクが映えると思います。

 

やっぱりメイクがどんな顔立ちに合うものなのかを考えて、メイクや服、そしてカラコンまでトータルでコーディネートすることがとても大切だと思います。

 

基本的に和風のメイクであれば、黒目が合うと思いますし、ちょっとお人形さんのような雰囲気なら青っぽい目、コスプレなどでちょっと不思議な雰囲気を出すならグリーンやパープルといった感じですね。

 

私はプライベートでは比較的派手なものを装着して言いましたが、さすがに仕事場や学校では、ブラックやブラウンの暗めの色を使ってあまり目立たなくしていました。

 

それでも、目にツヤをだしたり、ちょっとデカ目効果のあるものを使ったりするだけで印象が変わるので私は手放せなくなってますね。

 

もし、あまり派手なのが好きではない方は、ブラックやブラウンのカラコンをつけたら裸眼とはそれほど印象を変えることなく、「あれ、何か変わったなぁ」くらいの印象に仕上げることもできるのでおすすめです。

サイズやカラーの選び方

レンズのサイズも14mmや16mmといろいろあり、サイズが大きければ大きいほどに化粧を派手にした方が合います。

 

まつ毛などもいかにもメイクをしていますというような感じなのに、目だけおとなしいとバランスがわるいですからね。

 

レンズが小さければ裸眼とはあまり変わらないので清楚な印象にすることができるので、その時は薄めのメイクをするようにします。。

 

グレーやブルーとカラコンをつければハーフ顔と言って外国人みたいな顔になりますので、ちょっと大人っぽい髪型やドレスなどを着た時に私は使用するようにしています。。

 

また、私はとても目つきが悪く普通の顔をしていても睨んでいるとよく勘違いされることがありましたが、ブラックのあまり目立たないけどちょっとデカ目効果のあるカラコンをつけていると目つきがよくなったと言われるようになりました。

 

カラコンはメイクのように飾るだけではなく、印象をよくしようと思い使うこともできるのでとても便利です。

 

あなたが求めているイメージになるように、レンズのサイズやカラーなどのベストな組み合わせを見つけてみて下さい。

 

また、職場などで使う場合はサークルレンズもおすすめです。

 

私は普段会社で営業として働いてまでいますが、営業なので、あまりにも派手な格好はできないんです。

 

でもやっぱりカラコンして可愛く見られたい!というのがあるので、サークルレンズを付けています。

 

サークルレンズであればカラコン程派手さというか、違和感はないです。

 

やっぱりどうしてもカラコンだとお客様によっては不快に感じられるお客さまもいらっしゃると思うので。

 

それに対してサークルレンズであれば付けているのを気づかれないことがほとんどです。

 

それであるにも関わらず、黒目が大きく見えるので、可愛く見える気がします。